<< 雑記-14-百戦の錬磨 | main | 雑記-16-タクラダ猫の憂鬱 >>
雑記-15-禁忌オカスコトナカレ
昼刻、ミスドで読書、毎日新聞と、高島俊男『本が好き、悪口言うのはもっと好き』を読む。首の痛み和らぎつつあり。

夕刻、隣町のガムラン演奏家夫妻のお宅へ演奏を聴きに。焼酎をいただきながら贅沢な時間。ゆったりとガムランを聴きながら、俄にまったく演奏とは無関係の出来事を考え始めた。
『そのひと』と僕が初めて会った頃の記憶は、いまや出来事についてでしかない。なにをしたか、どんな風景か、そのような点と点があるのみである。そして、唐突に、そのひとと会うことがなくなった。

そして5年の歳月が過ぎ、偶然再会した。ただ嬉しかったのだが、こんなに嬉しい気持になれるのに、どうして急に没交渉になったのか不明にさえ思った。

ひとつヒントがあった。僕自身が最後の電話で「もし再会してしまったら、そのときは僕の負けだと思う」といった記憶がある。それは唯一の会話の記憶であった。しかし僕自身、当時の心境がわからない。感情の記憶がすっぽりと抜け落ちているのだ。恐らくその言葉は『今日からあなたへの気持を僕の禁忌(タブー)にする』という意味だったのではないかと思う。かのひととは十数ヶ月前に『もう会わぬ』と意を交した。二度目の約束である。いまも、かのひとの選択した結末を畏れ続け、かのひとに対してみせた自分の狭量と欲望と無思慮を恥じ入るばかりだ。7年前慎重に禁忌を用意した僕はわらうだろう。禁忌を冒した僕は、この悔恨を消す術を持たない。
| 雑記 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comments









Trackback URL
http://blog.lowotarvoga.net/trackback/89802
Trackbacks

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Profile
Categories
Recent Comments
Links
Archives
Recentt Trackback
Others
累計 / 今日 / 昨日