<< 続あとさき日記-06-大阪公演終了 | main | 【BAR Lowo=Tar=Voga】開店日記-01-序の序 >>
続あとさき日記-07-【Ato-Saki】東京宣伝作戦01
◆11月22日大阪日日新聞朝刊に【Ato-Saki】大阪公演の劇評が大きく取り上げられた。作品の本質的な部分をしっかりした文章で書いていただいた。地味な劇団の自覚のある当方といたしては有難く、感謝する次第である。

表紙絵・足田メロウ


◆東京は遠い。思えば関西で公演を14年やり続けてきた。しかも劇団同士のつきあいや交流もほとんどない。『ガラケー』とか聞くとドキッとする。東京は遠い。あのような縁もゆかりもない場所で舞台をする。身の程は知らず。会場費がタダ同然の演劇フェスに参加することもない。こんなリスキーで不利な公演を決行する劇団は我らがヴォガしかなかろう。本当にバカなのかもしれない。

◆20代の僕にとって、ずっと東京は遠い場所だった。当たり前の生活を望まず、恋人への義理など一顧だにせず、才無き不幸を呪いながら懸命に脚本を書き、鬼のような顔をして稽古でがなり、メシも喰わず身をすり減らし音楽を作っても、こしらえた舞台は一度たりと、ひらめいたイメージにたどり着けなかった。舞台の出来不出来の問題ではなく「イメージにたどり着けているか、否か」というテーゼである。それには才能・努力だけでなく人材やお金もいるかもしれない。しかしそれも全部自分の問題であると思う。ひとりで全部できないかもしれないが、全部ひとりでできるかもしれない。ヴォガにそんな連中が集まれば恐れるものなどあるべきものか。と思えど不成。そんなこんなで地元関西の公演もそんな状態であるのに関西から出る公演なんて思いもしなかった。振り返ればそんな20代である。

【Ato-Saki】大阪公演/写真・中野雨衣子


◆とはいえ僕はネチネチとある種のたくらみを進めていた。いまとなればいわば信条を守ったといってもよい。それは15周年という区切りを劇団の大いなる転換期にしよう、というたくらみであった。10周年記念作【新青年】公演後は深い谷にもぐりこんでしまい、悪い意味での大いなる転換期(停止期といってもよい)となった反省にもとづく。反省の理由として、

‖緝愁ゲロヲの活動休止(深くは語るまい)
1,000人動員しながらも発生した200万円を超える大赤字の返済(3,000人動員する気だった)
8演できず劇団員がひとりまたひとりと去る(去るものは追わぬ)
じ充惰避のために日々宴会を開催する僕の私生活の乱れ(勝負師イメージの誤用)

といったものが挙げられる。
とにかく[すべからく15周年記念作は飛躍するべし]と胸に深く、あたかも親のカタキのように刻み込んだ。
※ちなみに前述が正しい「すべからく〜べし」の用法。漢学者高島俊男先生によると「すべからく=べし」という意であって、2重に「べしべし」いうとるそうだ。べきであるある。

◆東京は遠いが、ひとりでも多くの観客の前で表現したいと願っている。だから今月末、生活が壊れんばかりの生活状況の中、僕は無理やり東京へ宣伝にいく。家人には苦労をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいだ。そういう按配なのでどうか東京のみなさま、奮って僕に連絡くれたし。どこでもいってチラシを散らし、チケットを売る。その間にノートPCを開き、脚本を推敲し、音楽をこしらえる。左手にチラシ、クチにチケット、右手にマウスの心意気である。

【Ato-Saki】大阪公演/写真・中野雨衣子


◆そして関西在住の親愛なるヴォガ関係者、そしてそして【Ato-Saki】大阪公演をご覧になって「良い舞台だった」とお思いになられた親愛なる観客の皆様。関東在住の知人・友人・知人の知人・友人の友人にいたるまで「ヴォガ観にいったらよいよ」とお伝えくださいまし。平に。切に。
| 続あとさき日記 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comments









Trackback URL
http://blog.lowotarvoga.net/trackback/1066939
Trackbacks

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Profile
Categories
Recent Comments
Links
Archives
Recentt Trackback
Others
累計 / 今日 / 昨日