<< 改造日記-6-酒に溺れたエビ | main | 改造日記-8-休養 >>
改造日記-7-放浪期
◇放浪する毎日である。

◇19時『Cafe Siesta』で、この日記を書いている。このあとBar『図書館』へ伺って先日の粗相を陳謝する予定。謝らなければいけないことが多い。

◇そして、不穏な空気がぼくの周縁にある。どうも心穏やかならざることが多い。まだ、予感ではある(ただし、ほぼ当たる)。

◇過去の話だが、日頃意識して自制を施すぼくの感情が爆発していた時期があった。穏やかな人間と思っている方もいらっしゃるようだが、元来、ぼくは激しい性格だ。それは小学生に自覚し、中学生ではもうセルフコントロールをはじめていた。そしてできるだけ続けようと思った。それが押えられなくなり、26歳から覆えってしまったのだから、人生はわからない。

◇随分、肝心なところをとばすが、いま冷静に思うと、その時期は「半狂乱」であった。ひとに関するできごとであった。結果的に互いを傷つけあった。最後には「関係性の死」をむかえた。そしていまは、その死をひたすら弔うばかりである。

◇三島由紀夫は「終戦直後と鹿鳴館時代の日本は似ている」と発言したという。ぼくにとってその「半狂乱直前といまが似ている」と感じる。「半狂乱」がゆるゆると近づいているのが予測される。ただ不気味な思いだ。今回は「ひと」だけではない。それは敵方と感じるあらゆること。ぼくの気持ちのある部分でさえ敵方といえる。それは「獅子身中の虫」だ。いまかいまかと群れた敵が、一気呵成に鬨の声をあげようとしている。

◇我、思う。よりいっそうの「流れに棹ささぬ自我をつくろう」と。
| 改造日記 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(2) |
Comments









Trackback URL
http://blog.lowotarvoga.net/trackback/103473
Trackbacks
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/11 2:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/13 4:18 AM |

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Profile
Categories
Recent Comments
Links
Archives
Recentt Trackback
Others
累計 / 今日 / 昨日