<< 銀30日記-14-現場入り | main | 銀30日記-16-感想をみつけた。 >>
銀30日記-15-復活したのか。
◆まずはじめに『SILVER30』にお越しいただいた方々、ありがとうございました。

◆あまりに毎日がハードでブログの更新もできなかった。無事に千秋楽を迎え、きょう、撤収も完了。おおむね好評のようで責任としてはほっと胸をなでおろす次第。

◆役者がよかった。ふくだくんは23歳とは思えない落ち着きある演技。岩橋くんは良い声を聴かせ、ゆかわくんはケレンミあるやわらかな表現をみせた。横山くんは場のテンポをつくり、松嵜くんは全体に対して役柄を飛躍させてくれた。赤井さんは丁寧な役作りで観客を信用させてくれた。足立くんは現実と虚構を往復して適度に舞台の熱をコントロールしてくれた。袋坂さんはユダになりきるため徹底的に研究を重ね、ひとことも発せずに沈黙する理性になりきってくれた。そしてぼくには、副代表になったスジョンくんの成長が嬉しい。われらが代表、座長のカゲロヲさんは懸命にやっていた。それがなにより大切なことなのである。

◆カゲロヲは、ヴォガは、復活したのだろうか?毀誉褒貶の判断は自分に行うものではなく、いっそ他者にゆだねるしかない。しかしいま、ぼくの内心にゆらぐ気持ち、とはまた別の話である。
| 銀30日記 | 22:05 | comments(5) | trackbacks(0) |
Comments
見させてもらいました。とてもおもしろかった。
役者も、観客を引き込む力が皆にあったし、音楽も必然性のある音がしっかりと舞台を作っていたし、話そのものも、純粋に面白かった。舞台美術も照明も衣装も美しかった。
久しぶりに鳥肌が立った舞台でした。
ありがとうございました。また次回作にも期待しています!
| おさる | 2010/03/02 12:04 AM |
ヴォガ最高!
東京でWSを受けたら黒テントの方がおられまして、
近藤さんの事を存じておられました。
いっぱいヴォガを沢山の人に知ってもらいたいです。
出会いに感謝。

近藤和見最高!
| さわでぃ | 2010/03/02 1:14 PM |
>おさるさま

ありがとう。
次回作もバリバリやりますよー。
歳とって、素直につくれるようになったのかもしれませぬ。


>さわでぃさま
おー、黒テントのどなたかしら?
といっても見に行ったり手伝いにいってお名前をちゃんと覚えられていないかも。
出会いでしかひとは変われないなんて話もありまして、そうなればこそ、感謝の念は深まるのですね。

梅香りが待ち遠しいです。
| 近藤和見 | 2010/03/02 11:08 PM |
舞台、私が観せてもらった中では、一番完成度が高かったと思います。
演出が緻密で美しく、音楽も、ヴァイオリンも役者の演技も絶品でしたね。
演出家としての近藤和見の才能を感じましたよ。
研ぎ澄まされた感性だけでなく、人を惹きつけ、
役者やスタッフの力量や持ち味を最大限に引き出す人間的器がないと、ああはいかないだろうと思います。
一緒に行ったみんなも、とても良かったと言ってました。
脚本、テーマについても、いろいろ感想がありますが・・・
ともかく、ユダこそが、現代的テーマですね。
| 直太 | 2010/03/03 3:37 AM |
>直太さま

ありがとう。
器にはとっても自信がありませんので、他の部分かもしれませんね。
音楽は音楽の専門家とヴォガ舞台音楽専門のぼくとの組み合わせがいいのかもしれないと気づきました。

ユダ、ああユダよ。
| 近藤和見 | 2010/03/06 7:29 AM |









Trackback URL
http://blog.lowotarvoga.net/trackback/1020722
Trackbacks

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Profile
Categories
Recent Comments
Links
Archives
Recentt Trackback
Others
累計 / 今日 / 昨日