ふゅー日記-03-続、風邪。
★しかし、これはほんとに風邪なのかしらん。いったん治まったと思いきや、ぶり返し。右あごあたりのリンパがゴリゴリに腫れている。セキが薬を飲まないと止まらない。喉が痛くてつばを飲み込むのがつらい。ロキソニンを飲んだらドッと汗がでてきたので、どうやら熱があるようだ。とはいえ、食欲もあるし、精神的にも元気。ふゅーのテキストつくりの集中力が落ちているとはいえる。でも、パフォーマンス公演というイメージは出来上がってきた。映像監督の松浦氏が【ふゅー】のPVを作ってくれた。音楽のアレンジは甲田氏。

 CINEMA化された【ひす】世界
    相対する【ふゅー】世界
                秘すべきものは【ひす】




♯2 / ふゅー

◎開演 《全3回》
6月26日(土)19:00
6月27日(日)14:00/19:00
※受付・開場は開演の1時間前からとなります。

脚本・演出・音楽:近藤和見

◎キャスト
草壁 カゲロヲ/ハ・スジョン/ふくだまさと/昭和今日子
/横山 直樹/袋坂 ヤスオ

◎スタッフ
美術監督:水波 流(ART COMPLEX)
音響:粕谷 茂一(Slim Chance Audio)
映像監督:松浦 莞二
音効:椎名 晃嗣(劇団飛び道具)
レコーディングエンジニア:甲田 徹
衣裳:樹下 由紀
宣伝美術:荒木 康代
脚本補:天野 奏
美術監督補:西山 寛
スタッフ:今道 鮎美・金川 英里香・菊池 有里子・古賀 睦・猿丸 ヨウコ・末松 めぐみ
撮影スタッフ:五十嵐 涼介・柴田 友美
協力:伊藤 豊・鮫島 サトシ・中川 絵美
制作チーフ・演出助手:星川 ユリコ
著作・制作:Lowo=Tar=Voga


◎チケット料金(前売・当日共) 
通常チケット¥2,000(1ドリンク別 ¥500)

※全席自由・日時指定です。
※2公演通しチケットは各公演1回ずつご覧いただけます。各公演ごとに受付※本公演はペーパーチケットを発行しません。ご了承下さい。ご芳名を承り当日受付でのご精算となります。
※席数に限りがございますので、当日受付をしない場合がございます。お早目にご予約くださいますようお願い致します。
※ご購入に関しての詳細については、お気軽にOFFICE VOGAへお問合せください。

◎インターネットでのお申し込み方法
・Lowo=Tar=Voga WEB SHOP
面倒だったチケットの購入が便利になりましたっ!

◎メールでのお申し込み方法
・チケット予約アドレス : hisfu-ticket@lowotarvoga.net
※お申し込みの際に、以下をお伝えください。
 1.お名前 2.お電話番号 3.公演日時 4.チケットの種類 5.枚数
  をお伝え下さい。

◎会場 : UrBANGUILD(京都・三条アバンギルド)
京都市中京区木屋町三条下がる ニュー京都ビル3階
tel : 075-212-1125 
web : http://www.urbanguild.net
アクセス:京阪三条から西へ、木屋町通りを南に約150m

◎問い合せ先
OFFICE VOGA(ヴォガ制作部)
e-mail:info@lowotarvoga.net
    
◎web
劇団公式web http://www.lowotarvoga.net/
草壁カゲロヲblog http://note.lowotarvoga.net/
近藤和見blog http://blog.lowotarvoga.net/
| ひす日記 | 07:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひす日記-03-#1【ひす】終了。
★どかどかと怒涛の乗り打ち公演【ひす】が終了した。満場のお客様に御礼。ありがたや。【ふゅー】では【ひす】が大活躍する予定。なんのこっちゃ。テーマは『名目上の事実』なのである。

★寝不足が続き、今日、頭が回らなくいらぬことを書きそうなので失礼ながらここで電源をオフ。おやすみ。
| ひす日記 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひす日記-02-[SILVER30]のDVDがでます。
☆快調、とはいえないほど悩みつつ、[ひす]の脚本を書いている。とはいえ、「もっと面白くなりそう」という悩みではあるので期待していただきたい。

☆俳優の佐藤慶さんが亡くなられた。尊敬する役者である。男としての憧れでもあった。いい演技を見せてもらえたことに感謝。

☆去る2月末に執り行った[SILVER30]という作品のDVD情宣PVができた。案外、本番のイメージと変わらないPVに仕上がっている。撮影監督の松浦氏のナイス編集とエンジニアで参加しているミュージシャンの甲田氏のリミックス音楽が光る。ごらんになって興味のある場合、是非、買って欲しい。運営リスクが少し和らぐ。[ひす]公演ではかなり安めの設定にて先行発売するそうだ。同時発売予定の[YANAGITA]ともどもよろしくお願い申し上げる。

| ひす日記 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひす日記-01-その野心的な。
●新作である。ふた月連続の連作公演。ところは京都は三条木屋町UrBANGUILD。そのタイトルは5月を【ひす】、6月を【ふゅー】とした。野心的、とでもいおうか、とにかく良い作品にしたい。

●野心的、といえば吉幾三先生(以下、吉さん)である。埋め込みコードが出なかったのでリンクを貼っておく。素晴らしい野心、素晴らしい作品!ビバ人生!悩みに悩んで厳選した吉さんの名曲を紹介しよう。

☆雪國
子供の頃、家具調テレビから発音するこの唄を聴きながら、こたつで蜜柑を食べ、母がいて姉がいて、そこにもういまはないぼくの幸福な家族の団欒があった。そしてその時の甘かった蜜柑の味と作品づくりの苦い野心を噛み締めてふんどしをきりり、締め直したい。

☆酒よ
『詫びながら手酌酒』のくだりで目頭が湿る。でんぐりがえってウンコ、などたいそうくだらないことを思っても湿る。そう、野心家には人知れず呑む手酌の酒がある。そしてほろ酔いの感情はゆったり揺れ惑うものなのだ。ぼくはいったいなにを投影してこの唄を聴いているのだろう。それは墓場にまでもっていく。ぼくはそれを永遠に『秘す』のだ。

☆と・も・子
あまりにネイティブな津軽弁で解らない歌詞もあるが、いちいち才気走った吉さんの曲に戦慄すら覚えることよ。この声のぬくもりはどうだ。野心をもったとき、その背反に吉さんのようなシャイで繊細なやさしさももっていられるならば成功は約束されるのではないか。

☆俺はぜったい!プレスリー
出る杭と水に落ちた犬は打ち叩かれるのが必定の世情。しかしその叩く人々こそ、野心をもって懸命に努力する者の敵であり、胸を張ってぶちあたり乗り越えねばならない良い意味での壁でもある。村長のように慇懃にこようが村の子供に石をなげられようが、若き吉さんのように『イェイ!イェイ!』と信念をうなりあげたい。

●野心的、といえば八代亜紀先生(以下、亜紀ちゃん)である。もしぼくが来世、女に生まれるならばやっぱり亜紀ちゃんに生まれたい。

☆雨の慕情
この頃の演歌歌手は現代のような予定調和ではなかった。日本のこころ、であるとかそんな大上段ではなく、ただ『わたしのこころ』を唄っていたのだとぼくは思う。このドレス姿の亜紀ちゃんを見よ。『わたしのいいひと』を『連れて来い』とはなんたる可憐なわたしの野心であろうか。ささやかに雨乞いするこの亜紀ちゃんはまさしく巫女。

☆舟唄
野心をもった男にも、未練残した女がある。鴎に深酒させてヨとねだる孤独もある。るるる、るるる、とスキャット響き、いとしあの娘と朝寝す甘えた夢想がささやかに夜更けを巡る。ぽつぽつと。ほろほろと。るるる、るるる。断腸の思い、霧笛と共鳴り、その時、あぶりイカがくるりと丸まった。嗚呼!亜紀ちゃんはまさしく巫女。

●野心的、といえば美輪明宏先生(以下、マエストロ)である。このあふる涙はマエストロの人生への真摯さに感動したものだ。嗚呼!

☆老女優は去りゆく
舞台人の夢と希望と野心がある。そしてひとりの人間が老いと闘うその姿。マエストロが演じる老女優はこの人間という生き物の、普遍を唄い演じているのだ。尊敬と嫉妬をもってこの曲を紹介しよう。

●そして、我々Lowo=Tar=Vogaも、野心的に公演を行うのだ。以下、公演情報。


*******************************************

Performing Arts Company Lowo=Tar=Voga 
UrBANGUILD特設舞台
ふた月連続連作公演、決行!


♯1 / ひす

◎開演 《全2回》
5月20日(木)19:00
5月21日(金)19:00

♯2 / ふゅー

◎開演 《全3回》
6月26日(土)19:00
6月27日(日)14:00/19:00
※受付・開場は開演の1時間前からとなります。

脚本・演出・音楽:近藤和見

◎キャスト
草壁 カゲロヲ/ハ・スジョン/ふくだまさと/昭和今日子
/横山 直樹/袋坂 ヤスオ

◎スタッフ
美術監督:水波 流(ART COMPLEX)
音響:粕谷 茂一(Slim Chance Audio)
映像監督:松浦 莞二
音効:椎名 晃嗣(劇団飛び道具)
レコーディングエンジニア:甲田 徹
衣裳:樹下 由紀
宣伝美術:荒木 康代
脚本補:天野 奏
美術監督補:西山 寛
スタッフ:今道 鮎美・金川 英里香・菊池 有里子・古賀 睦・猿丸 ヨウコ・末松 めぐみ
撮影スタッフ:五十嵐 涼介・柴田 友美
協力:伊藤 豊・鮫島 サトシ・中川 絵美
制作チーフ・演出助手:星川 ユリコ
著作・制作:Lowo=Tar=Voga


◎チケット料金(前売・当日共) 
通常チケット¥2,000(1ドリンク別 ¥500)
通しチケット¥3,500(2ドリンク別 ¥1000)


※全席自由・日時指定です。
※2公演通しチケットは各公演1回ずつご覧いただけます。各公演ごとに受付にて別途ドリンク代500円を頂きます。
※本公演はペーパーチケットを発行しません。ご了承下さい。ご芳名を承り当日受付でのご精算となります。
※席数に限りがございますので、当日受付をしない場合がございます。お早目にご予約くださいますようお願い致します。
※ご購入に関しての詳細については、お気軽にOFFICE VOGAへお問合せください。

◎インターネットでのお申し込み方法
・Lowo=Tar=Voga WEB SHOP
面倒だったチケットの購入が便利になりましたっ!

◎メールでのお申し込み方法
・チケット予約アドレス : hisfu-ticket@lowotarvoga.net
※お申し込みの際に、以下をお伝えください。
 1.お名前 2.お電話番号 3.公演日時 4.チケットの種類 5.枚数
  をお伝え下さい。

◎会場 : UrBANGUILD(京都・三条アバンギルド)
京都市中京区木屋町三条下がる ニュー京都ビル3階
tel : 075-212-1125 
web : http://www.urbanguild.net
アクセス:京阪三条から西へ、木屋町通りを南に約150m

◎問い合せ先
OFFICE VOGA(ヴォガ制作部)
e-mail:info@lowotarvoga.net
    
◎web
劇団公式web http://www.lowotarvoga.net/
草壁カゲロヲblog http://note.lowotarvoga.net/
近藤和見blog http://blog.lowotarvoga.net/
| ひす日記 | 04:15 | comments(1) | trackbacks(0) |

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Profile
Categories
Recent Comments
Links
Archives
Recentt Trackback
Others
累計 / 今日 / 昨日