休筆中
「近藤和見による誰かのための日記」は現在休筆中です。
アーカイブとしてご覧ください。
| おしらせ | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
【BAR Lowo=Tar=Voga】開店日記-03-わたしは無力
◇12月某日、わたくし近藤和見は押さえ込んでいたとある心情を抑えることができなくなっていた。

◇2013年、馬齢を重ねとうとう今年で38歳になる。舞台活動は多くの人を巻き込む。そしてそのほとんどの関係者に資本主義的利益はない。自分もまたそうである。もとより華もなく芸はつたなく、努力や根性と思い込みを尖がらして半歩半歩進めたこの10数年間の歩み。しかしまだ38歳といえどもう38歳。「おれは新人類かもしれない」と思ったほど寝ずに活動できた20歳台のわたしはすでに過去の他人となり、アルバイトでは大学生に「あの歳でバイトって終わってるよねぇ」とあえて聴こえる陰口を叩かれ、なにくそ、ここからが勝負なんだと自分に言い聞かせるも、精神的には断崖のタンポポのようにこのままひっそりと我枯れてゆくなり・・・、などと厭世の感を強めていた。

◇12月某日、わたくし近藤和見は愚図な観念で抑えてきた熱心を隠すことができなくなっていた。舞台活動はまわりが「やめときよ、舞台なんて喰えないし、どうせ続かないって」と反対しても頭をひねり胸を叩き左右のひざを繰り返し折り伸ばしすることで前に進んできた。日常生活においてはどうか。惰性でアルバイトや仕事をして暮らせる年齢ではなくなった。明々白々の事実。わかりきった結末に進むほどわたしはナルシストではないしそもそもヒロイックな感情は嫌いだ。手前でなにかするより他はない。自分でお店を作り営業し糧を得ねば、遅かれ早かれ演劇活動も続けることができなくなる。あるいは天涯孤独に「わたしはすべての幸福を捨てて舞台をしているのだぁ」などと夢想家を気取るしかなくなる。嫌だ、と思った。そうして熱い日本酒をちびりひっかけて眼をきつく瞑り精神を落ち着けたわたしは、家族、友人、知人に我が意を伝え、その決意はけして翻らないことを周知するに至ったのである。

◇その後、物心双方へさまざまの協力をいただき、開店へ向け進めることができた。とりわけUrBANGUILDオーナーの次郎さん、家主の森川さんには深くお世話になっている。

◇で、内装が始まり「ぼくも雑用でもなんでもします!」と鮫島(VOGA創始メンバーのひとり)からゆずりうけた濃紺のつなぎを着込み、道具も運び「さぁ、なんでもしまっせ!なにしましょう」と尋ねると「いや、なんにもすることないし、これどう?とか訊きたいときに決めてくれたらええわ」と次郎さん。つまりなにもしないでくれ、ということであった。わたしは無力であった。

◇で、今日メールが届いた。「入り口に積んでる廃材に、燃やしたら黒煙が出る接着剤が着いてるからそれ剥がしてくれ」との由。初めて仕事をもらった。明日頑張ってべりべり剥がそうと思う。

店のそばに流れる高瀬川にかかる【くるまやばし】

壁が張り変わった
| 誰かのための日記 | 00:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
【BAR Lowo=Tar=Voga】開店日記-02-お店を始める
◇京都三条下がった北車屋町通り西木屋町にて宿願であったお店、BARを始める運びとなった。屋号は【BAR Lowo=Tar=Voga】である。おととし、Lowo=Tar=VogaからVOGAに劇団名を変更したのだが、その過去の名前であるLowo=Tar=Vogaをモニュメントあるいはドキュメントとして残せればいいな、と思っている。マスターはわたくし近藤和見。20代はお酒の仕事をしてたっけ。目下リハビリ的に練習中。アルバイトはまだ決めていないが100パーセント必要(夕方の稽古ができなくなる!)なので、現在募集中である。

◇ちなみにみなさん気になるところでしょうが代表のカゲロヲ氏はじめ、わたし以外のVOGA関係者はお店にいない。ただしお客さんで来てオダを上げているかもしれない。将来的には【BAR Lowo=Tar=Voga】と【performing arts company VOGA】の価値を相乗的に高めていければよいなと思っている。

◇京都木屋町UrBANGUILDの次郎さんに依頼した内装工事は進んでおり、申し訳ないほどの少ない予算で工夫していただいている。内装で最低限の予算は大事であり次郎さんのポテンシャルを最大に発揮してもらえないのが残念であるが、わたしにその責がある。

BAR_LTV_20130213

★去る2月13日カウンターをバラした状態を写真にパチリ!


◇また徐々にブログに開店に向けた進行情況をupしていく。
| 誰かのための日記 | 18:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
【BAR Lowo=Tar=Voga】開店日記-01-序の序
◇ほんとうに長らく書いていなかったこのブログ。ツイッターやフェイスブックをやっていた。現代におけるブログの存在意義を問うとやはり愛着もあるので辞める選択はなかった。このブログ実は前段階の非公式ブログから見て10数年、20代から書いているのであった。

◇体罰のこととか女子柔道のこととかアイドルのこととか、なにかが壊れたような事件が多い。その揉め事の種類もなにか眼に見えぬ『ぬえ』のようなものを過剰に恐れていたり、いわしの頭を干したら済むのか!と怒ってみたりするような事件に思う。みもふたもないような、そんなあらましばかり。肝の据わった顔役や、整理して問題を解決するインテリや、愛情や惻隠の情で枯れた心を潤す博愛者や、ならぬものを「ならぬ」と言い「それを決めたら真っ直ぐゆけ」と背中を押してくれる人格ある老年者はどこで活躍してるのだろう。ならず者のわたしには、それが気になってしまう。

◇【Ato-Saki】大阪-東京公演後、VOGAはどうしてるのか?と思われている方も多いかと思いますが、ちゃんと稽古も続け、公演の準備も進めておりますのでそのときはどうぞよろしくお願いします。

◇今後のVOGAの方針として、自分たちなりの全精力・全人格をかけた公演しかしないことに決めた。だからしばらくは公演の数を多くできないことになりそう。時代を逆行していると自覚はあるのだが、いろいろ勘案した結果そうだと思ったのでご容赦ください。

◇なぜ久々にブログを書いているのか。それはわたくし近藤和見に大きな転機がきたからであります。それはVOGAそのものの未来にも関わりがあり、あるいは超極私的なことでもあります。その発表のときが近付いてきたのでその春めいたようなわたくしの気配をみなさんに感じていただこう、という意味で再開させました。今後ふたつきほどこのテーマで書き繋いでゆこうと思います。どうぞ、おつきあいのほど。
| 誰かのための日記 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
続あとさき日記-07-【Ato-Saki】東京宣伝作戦01
◆11月22日大阪日日新聞朝刊に【Ato-Saki】大阪公演の劇評が大きく取り上げられた。作品の本質的な部分をしっかりした文章で書いていただいた。地味な劇団の自覚のある当方といたしては有難く、感謝する次第である。

表紙絵・足田メロウ


◆東京は遠い。思えば関西で公演を14年やり続けてきた。しかも劇団同士のつきあいや交流もほとんどない。『ガラケー』とか聞くとドキッとする。東京は遠い。あのような縁もゆかりもない場所で舞台をする。身の程は知らず。会場費がタダ同然の演劇フェスに参加することもない。こんなリスキーで不利な公演を決行する劇団は我らがヴォガしかなかろう。本当にバカなのかもしれない。

◆20代の僕にとって、ずっと東京は遠い場所だった。当たり前の生活を望まず、恋人への義理など一顧だにせず、才無き不幸を呪いながら懸命に脚本を書き、鬼のような顔をして稽古でがなり、メシも喰わず身をすり減らし音楽を作っても、こしらえた舞台は一度たりと、ひらめいたイメージにたどり着けなかった。舞台の出来不出来の問題ではなく「イメージにたどり着けているか、否か」というテーゼである。それには才能・努力だけでなく人材やお金もいるかもしれない。しかしそれも全部自分の問題であると思う。ひとりで全部できないかもしれないが、全部ひとりでできるかもしれない。ヴォガにそんな連中が集まれば恐れるものなどあるべきものか。と思えど不成。そんなこんなで地元関西の公演もそんな状態であるのに関西から出る公演なんて思いもしなかった。振り返ればそんな20代である。

【Ato-Saki】大阪公演/写真・中野雨衣子


◆とはいえ僕はネチネチとある種のたくらみを進めていた。いまとなればいわば信条を守ったといってもよい。それは15周年という区切りを劇団の大いなる転換期にしよう、というたくらみであった。10周年記念作【新青年】公演後は深い谷にもぐりこんでしまい、悪い意味での大いなる転換期(停止期といってもよい)となった反省にもとづく。反省の理由として、

‖緝愁ゲロヲの活動休止(深くは語るまい)
1,000人動員しながらも発生した200万円を超える大赤字の返済(3,000人動員する気だった)
8演できず劇団員がひとりまたひとりと去る(去るものは追わぬ)
じ充惰避のために日々宴会を開催する僕の私生活の乱れ(勝負師イメージの誤用)

といったものが挙げられる。
とにかく[すべからく15周年記念作は飛躍するべし]と胸に深く、あたかも親のカタキのように刻み込んだ。
※ちなみに前述が正しい「すべからく〜べし」の用法。漢学者高島俊男先生によると「すべからく=べし」という意であって、2重に「べしべし」いうとるそうだ。べきであるある。

◆東京は遠いが、ひとりでも多くの観客の前で表現したいと願っている。だから今月末、生活が壊れんばかりの生活状況の中、僕は無理やり東京へ宣伝にいく。家人には苦労をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいだ。そういう按配なのでどうか東京のみなさま、奮って僕に連絡くれたし。どこでもいってチラシを散らし、チケットを売る。その間にノートPCを開き、脚本を推敲し、音楽をこしらえる。左手にチラシ、クチにチケット、右手にマウスの心意気である。

【Ato-Saki】大阪公演/写真・中野雨衣子


◆そして関西在住の親愛なるヴォガ関係者、そしてそして【Ato-Saki】大阪公演をご覧になって「良い舞台だった」とお思いになられた親愛なる観客の皆様。関東在住の知人・友人・知人の知人・友人の友人にいたるまで「ヴォガ観にいったらよいよ」とお伝えくださいまし。平に。切に。
| 続あとさき日記 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Profile
Categories
Recent Comments
Links
Archives
Recentt Trackback
Others
累計 / 今日 / 昨日